FC2ブログ

イノシシ被害対策に電柵

1108あさがお

今日は夏休み最後の日、孫の杏も宿題の仕上げと最後のプールを楽しんで、新学期に備えて早々と寝たようです。

台風が近畿直撃コースを取りそうで、稲はもちろん、先日播種したそばへの影響が心配です。今週末のそばカフェの営業はできるのでしょうか。


地域では先日から、再び水田にイノシシの被害が目立つようになり、収穫間際の稲を守るために電柵を張る共同作業が行われたりしています。

私も今日、友人とともにほぼ一日、電柵を張る作業に追われました。

イノシシの被害は、収穫間際のまだ柔らかい稲の穂を食べたり、水田の中に入って転げまわるなど、最悪の場合にはほとんど収穫できないようなこともあります。

せっかく長期間かけて育てた稲を、収穫間際に荒らされてしまい、農家の耕作意欲を大きく損なってしまうのです。


生田では、様々な共同事業を行っていることもあってか、電柵も個人ごとに張るのではなく、共同で大きな道路の内側の水田を何軒もの農家が共同するということも進められています。

すでに大坪地区では全集落を共同作業で電柵を設置していますが、来年のシーズンにはさらに畑地区でも集落全体を守るようにする話し合いも行われようとしています。

淡路島の北部から始まったイノシシ被害、昨日訪問した五色町のチューリップの館でも出没が言われていました。抜本的な対策が必要ですね。
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR