fc2ブログ

コミュニィティ・ビジネス

111129南天

南天の実がいっぱいなりました。

花の余りないこの時期、とても新鮮に写ります。


今日は午後からNPO法人主催の、コミュニィティビジネス視察バスツアーがありました。

全部で21名の皆さんがお越しになり、近藤会長と私が「そばカフェ生田村」の説明をさせていただきました。


そばカフェに入るなり、「木の香りがする」「いい雰囲気ですね」とお褒めいただきました。

薪ストーブにも興味を示され、「これは本当に火を焚くのですか?」などなど。


活性協議会が取り組んできた経過等の説明をさせていただきましたが、今日の目的は次の3点でした。


① 活動を始めたきっかけ・目的

② 活動内容や地域とのつながり

③ 活動のやりがい・喜び

④ 今後の展望等


皆さんが帰られた後、本当に目的に沿ったお話が出来たのかどうか、少し思い悩んでしまいました。


111129アワード表彰
上の写真は、先日の「コミュニィティ・アワード2011」で金沢副知事から表彰を受ける近藤会長です。



質問では、「スタッフは賃金かボランティアか」「イノブタが多いのなら、なぜそちらの料理をしないのか」

「なぜ介護施設を作らなかったのか」と言うものもありました。


スタッフは有償ボランティアであることは言うまでもありませんが、「イノブタ…」というのはどうでしょう。

「そば」というのを今は地域資源にして多くの皆さんにお越しいただいているのであって、これがイノブタとなっても同じ効果が出るのかということですね。

お客様がたくさん来ているからと言って業務をどんどん拡大して、結局、経営全体の足を引っ張ってしまうような例は嫌と言うほど見てきました。

地域が全力をあげている活性化、失敗させるわけには参りません。


「介護施設…」のお話は、高齢化が進んでいるからと言うことでしょうか。

必要性は否定するものではありません。

でも、私たち活性協議会がめざしているのは、地域の活性化であって若者が定住できる方向なのです。

福祉関連施設が雇用を拡大できる側面も持っていることは事実です。


しかし、私たちは行政でもなんでもなく、地域の人々が自分達のできることを精一杯している。

ただそれだけのことです。


今でこそ、行政からたくさんのご支援をいただけるようになってきました。

しかし、私たちの取り組みは、あくまでも自発的に活動を始めたと言うことをご承知いただきたいのです。



まだまだ、各方面からの視察が続きそうです。

しっかりがんばらなければと気持ちが引き締まります。
スポンサーサイト



Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR