FC2ブログ

県広報誌「ニューひょうご冬号」にも紹介されています

120131ニューひょうご

地元の若い女性と神戸親和女子大学との話し合いの続きです。


「あったカフェ」のコンセプトやキーワードは昨日お話しした通りです。


で、具体的な整備については、

1階部分は、オープンカフェをメインに開放的で気軽な雰囲気。川と水車の景観・蛍を満喫できる場所

2階部分は、隠れ家であり秘密基地。1階とはギャップのある落ち着いた雰囲気

としています。 これは異議ないところですよね。

2階は中2階みたいなロフトみたいな場所で、この雰囲気はピッタリかなと思います。


建物の外装は、壁は白+クリーム系の優しい色、漆喰の壁で落ち着いたもの。

床は木材を使って暖かく、が皆さんの求めるところです。


う~ん、これって外装は洋風ですよね。

田舎ののんびりした場所にはたして会うのかどうか。おじさんとしては考えどころです。


清水の舞台から飛び降りる覚悟が必要かもしれません。



120131ニューひょうご記事

天井は2階が半分ぐらいしかなく、1回客席の上は吹き抜けになります。

木は古民家風のものを使用しておしゃれなシーリングファンをつける…。

高くつきそう…。


1階の店内イメージは、店内とシームレスなナチュラルテイストの机、カウンター

2階はロフトイメージ、靴を脱いであがれる、くつろぎのスペース。低めのテーブルとゆったりソファー、落ち着いた少し暗めの「隠れ家」

これも高そう…。


小物・什器もモダンにおしゃれに…。

メニューは、1プレートランチ、ブランチ・ガレッと、スイーツセット…。


ちょっと大変かもわかりませんが、ええ~い! って気分ですか。

役員の皆さんとも相談して、何とかしましょう。

きっと、やってやれという結論になるんでしょうね。


お金、お金…。

スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR