スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

視点を変えれば見える景色も違ってくる

120321菜の花の沖1

今日、所用があって久しぶりに仁井から花さじきを通って岩屋まで出かけました。

ちょっと肌寒いものの天気もよく、播磨灘を望みながらのドライブは一人ではあったものの何か楽しいものでした。

通りかかった花さじきでは、平日にもかかわらず結構お越しになっている人が多いのに驚きました。

しかし、菜の花などは今年の冬の寒さがたたっているのか、車窓からはいま少しと言う状況かなと感じました。


帰り途中の仁井の道端の小さな花壇には菜の花が満開で見事な黄色に染まっていました。

思わず車を停めて菜の花ごしに播磨灘を望むと何となく気持ちの良いもので、思わずカメラを構えました。

ごく小さな花壇ですが、どうでしょう。

こうしてみると広々と菜の花畑が広がっているように見えます。

種を明かせば、ほんの2~3坪の花壇なのです。

写真とは撮り方によって、ひとつの物にスポットライトを当てれるものと思っています。



120321菜の花の沖2

で、今度は少し視点を変えてみました。

眼下の播磨灘を航行する船に焦点を当てると、また違ったイメージになります。

もっとも望遠レンズで手持ちでや撮ったために、かなり手ぶれしていますがご勘弁ください。


視点を変えれば見える景色も違ってくると言うことでしょうか。

淡路市長さんが「物事は対岸から見なければならない」とよく言われていました。

「それならもっと地域や市民の側から見てよ」なんて意地悪く思ったものです。

しかし、この言葉は当たっていますよね。

この2枚の写真を撮って改めて感じました。


私たちは地域の活動を誇りを持って進めています。

しかし、生田にお越しになるたくさんの方々は地域の大切なお客様です。

自分達の考え方を押し付けるのではなく、常にお客様の立場で考える、このことが大切と感じています。


自らに慢心することなく常にレベルアップをめざす、そば打ちの真髄に通じるところがあるような気がします。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:未分類 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。