スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

補助金の最終的な事務処理

120419れんげ

いま、レンゲの花が綺麗に咲いています。

お昼前、洲本市からお越しになった女性の皆さん。せっかく遠いところをお越しいただいたのに営業日でなく申し訳ありませんでした。


夕方から小雨もようになってきましたが、今日一日、23年度に行ってきた補助事業の最終的な事務処理に終われました。

実は今年に入ってから23年度事業(3月末までに実施)の最終的な仕上げの実務に追われていました。

1月2月はそれなりの忙しさでしたが、3月以降は務めていた時よりもはるかにハードな毎日でした。


昨年から3月まで国や県から補助金をいただいて行った事業をもう一度振り返ってみます。


今年の事業で一番大きかったのは、ハード事業面ではやはり水車の建設でした。

これには水車小屋など水車本体は県の小規模集落元気作戦の拠点整備事業を活用させていただきました。

そして、水車の中のピコ水力発電の設備一式、街灯整備、周辺の植栽や公園化には、あわじ環境未来島構想重点地区整備補助金を活用しています。


そうそう忘れてはならないのは、県道から水車公園の市道に大型バスが入れないのを県道の部分的な拡張工事で対応していただいたことです。


120419紫花

ソフトの面でも様々なご支援を受けました。

国の農林省の関係では、そば花まつりの開催関連経費、そばカフェのHP作成やパンフレット・生田村周辺案内地図の印刷、北淡インターからそばカフェまでの案内看板の作成、生田地区の全住民の意識調査などでした。

国の文部科学省の関係では、そば花まつりの共催した農村芸能まつりの諸経費、郷土史家の濱岡きみ子先生の執筆による生田村の歴史を振り返る調査研究とパンレットを作成いただきました。


それと今年度は、24年度事業に向けた重要なことも行いました。

それは、やはり県の地域再生課の地域再生拠点等プロジェクト支援交付金の計画策定業務です。

生田の更なる活性化に向けて3年間かけて整備を行う計画を作成するという事業で、長野県まで視察研修に出かけたことや、具体的な実施計画はコンサルに委託して進めてきました。

この計画では、水車公園に農業機械倉庫と併用した建物でカフェを建設すること、小水力発電やスクールバス待合所の設置、備中井戸の釣瓶の復元、案内看板の設置などなど盛りだくさんの計画です。

この事業は県が2分の1、市が4分の1で地元の生田も4分の1を負担しなければなりませんし、慎重に協議を進めながら地域が一丸となって事業の推進を計ろうと考えています。


補助事業のまとめ(実績報告と言います)もほぼ終わり、各方面から手直しの指示をいただき、慌てふためいているというのが今の現状でしょうかね?

でもこの作業をおろそかにすると、多額の費用をかけてきた事業が全て地域負担ということにもなりかねません。


もう少しです。気持ちを引き締めてがんばります。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:未分類 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。