スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

情報誌「DAN」の取材がありました!

100403-4 (小)

今日から5月、今年の気候は冬が来たり夏が来たりでよくわからない。

先日も「今年は春がないのかなあ」と道端談義。

でもゴールデンウイーク中は雨がないみたいで内心ほっとしています。


今日、午前中に淡路の情報誌「DAN」の取材がありました。

毎月、最後の修の金曜日に新聞に折り込まれている宣伝もいっぱい載せられた情報誌です。

なんでも今月号にそばカフェの記事が紹介されるそうで私としてはありがたいお話です。

ひょっとして広告料がいるのかな?

こんな気持ちも正直言って内心横切りました。


「今回は『DAN』の記事の取材で、広告料などはいりませんよ」

きっと私の顔に不安の色が出ていたのでしょうね。(笑)

スタッフがそば打ちを体験されて、それを写真記事にしていくという感じのようです。

でも、そば打ちのほうも中々の腕前で、スタッフの皆さんはとても初めてとは思えませんでした。

男性と女性がおられましたが、やはりそば打ちは男性がはまっていきやすいもののようですね。



100403-5 (小)

そして試食。

そばカフェとしては精一杯のサービスとして天婦羅もお付けしてお出ししました。

ご飯は水車米。

そうそう、昨日、菊花卵を2個残しておいて、2杯だけ卵かけご飯もご用意しました。

そばも、天婦羅も大変ご好評で、卵かけご飯はとても評価が高かったと思います。


食事後、サプライズで蕎麦饅頭も用意して、コーヒーとヤギミルクプリン、そば湯ゼリーも試食いただきました。


皆さん目を丸くして驚いておられたようです。

挽きたて、打ちたて、湯がきたてのそばと言い、12時間以上も精米に時間をかけた水車米と言い、貴重な菊花卵と言い、どれもがこだわりの逸品なのです。

もちろんスイーツも例外ではありません。


色々お話していて、情報誌の記事もそば打ちだけでなく、様々な取材の記事に少し変えられるように感じました。

ありがとうございました。よろしくお願いいたします。



関連記事
スポンサーサイト

Tag:未分類 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。