スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

生田村の水車、行政からも注目

120412水車の桜

田尻川に建設した生田村の水車がメジャーに昇格?

行政の専門部門からも注目されてきたようです。


今日、県庁の方からご連絡があり、近々水車発電を見学したいとの事でした。

当方としてはありがたいお話で、ご案内することにいたしました。

明日には会長始め役員の方にもご連絡し同席いただこうと思います。


いま、県で水車発電を試みられているのは農林水産部の農地整備課と思います。

全国的に見ても、小水力発電や農業用水を活用したピコ発電など、住民が農業用水と関わる親水事業などを取り組まれている例が多く見受けられます。

兵庫県内においても確か多可町だったと思いますが、県の農地整備課が用水路の水流を活用したピコ水力発電の実証実験を行われていたと思います。

生田村の水力発電もこの様子を参考にもさせていただきました。



120410水車と川と桜

生田村の水力発電は最大でも200Wというとても小規模なものですが、水車小屋内部の照明と街灯1基を点灯して余りある電力を発生しています。

と言うのも、最近はLED照明ですから、元々電力はそんなに必要としません。

今の設備では回転数をかなり落として、それでも70~80Wの発電をコンスタントに行っています。

当然、余る電力はバッテリーに繋いで蓄電しています。

だけど、この電力を何に利用するかは未知数なのです。

早くカフェでも出来れば有効な活用ができるのですけれどね。


県・農地整備課が関心を持っていただくということは地域にとってもありがたいことです。

私たちとしては今回の水車発電にとどまらず、もう少し大きな水力発電を行い地域の防犯等の設置などに役立てたいと思っています。

しかし、当然ですが、地域の財力には限界があります。

行政が関連して事業化していただけることを大いに期待もしているのです。


わが生田村は県のあわじ環境未来島構想の重点地区でもありますので、よろしくお願いしたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:未分類 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。