スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

そばカフェ玄関が見違えるように

100430-1.jpg

昨日紹介した生田村の新しい助っ人。

交流ひろばの草刈りや片づけに汗を流していただいています。


玄関回りも雑草が生えてきて困っていたのですが、鍬や鎌を使って綺麗に除草してくれました。

駐車場付近で伸びていた草も刈ってもらって見違えるようになりました。

明日の営業日には綺麗に片付いた交流ひろばにお客様をお迎えすることが出来ます。


最近、暑いといってもよい天候が続いています。

生田ではぼつぼつ田植の準備が始まっています。

ちょうど水車公園周辺は生田でも田植の最も早い所でかなりの田んぼに水が入っています。

棚田の夕日の写真を撮るチャンス到来です。

今から稲の伸びる6月中下旬にかけてが素晴らしいシャッターチャンスにめぐり合えるかもしれませんね。

また気をつけていていい写真が取れたらアップさせていただきます。



100501-1.jpg

田植の時期についてですが、生田では間もなく早い所の田植が始まって6月中旬まで田植が続きます。

水のまわりの良い所が一番早く、水利の弱い所が時期を遅くするのが通例です。


最も遅い所?

すみません。私の田んぼです。

水利もほとんどがため池であるために時期が遅いのですが、私は特に慌てず、まだ種籾も播いていません。

明後日以降ぐらいに種蒔きをしようと計画しています。

田植の時期は6月10日をすんだ頃だろうと思います。


先日、東京の農林省の外郭団体の方がお越しになった時です。

「何でこのあたりは田んぼに水が入っていないのか?」

不思議そうにたずねられました。


一般的には5月の連休あたりの田植が多いのですよね。

そかし、淡路島では水の利便や気候などからこの時期の田植が多いのです。

もっとも南あわじなどの野菜の産地では、タマネギの収穫が終わった後など6月下旬の田植もあるくらいです。

その時もこの様なお話をしました。


地域は今から最も忙しい時期に入ります。

色々な事業を進めるために役員会等も行いますが、皆さん大変な中でも応えていただけます。


皆さんの強い気持ちの中で生田村の活性化は進みます。



関連記事
スポンサーサイト

Tag:未分類 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。