スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

通の方の「美味しいそばの食べ方」

120527いくみ

生後まだ4カ月足らず、でも、いくみちゃんの成長は目を見張るものがあります。

最近は少し馴れ馴れしく、小さいお子様に近寄っていく癖が出てきました。

このため営業日にはかわいそうですがロープでつなぐこともしばしばです。

よちよち歩きの子どもさんだと、悪気はないのですが頭で突っつくような仕草をするので仕方がありません。


繋いでいると可愛そうなくらい大人しくなってしまいます。

写真は繋いでいてこっそりロープを外してあげたのですが、ご本人はまだつながれている気持ちで大人しくしているところです。


この土日の営業日、コープこうべさんの「ステーション」、淡路の情報誌の「DAN」にそばカフェの記事が掲載されたためか、多くのお客様がありました。

スタッフにとってはとても忙しく昼食も3時近くになるなど嬉しい悲鳴をあげていました。


写真下は今日のお客様が乗ってこられたバイクです。

あまりきれいなので写真を写させていただきました。

2台ともBMWのGS1200、1200CCのバイクなんです。

うらやまし~い。。。欲しいな~。。。



120527バイク

そうそう、先日テレビで東京の有名なそば屋さんめぐりの番組をやっていました。

やはり美味しいのは「挽きたて」ということでした。

小さな電動石臼を据え付けてそばを挽いておられました。

そばカフェは石臼ではありませんが直前にそば粉を挽くために美味しいのだと自信を新たにしました。


それと参考になったのは通の方の「そばの食べ方」でした。

そばは、まず2本ほどを箸でつかみ、先だけ出汁に浸けて食べる、そうすれば麺の風味と最後に出汁が絡んで美味しいとのことです。

そうそう、ネギやワサビなどの薬味は出汁に入れてはそばの味がわからなくなるそうですので念のため。


ワサビを食べたければ、このそばの上に少しだけ乗せて食べるのだそうです。

ネギなどの薬味は、最後にそば湯を飲むときに入れるのだそうで、こうすれば吸い物を最後に飲む感じになるということでした。


で、で、で、早速、今日、やってみました。

んまいっ! (これ情報誌「DAN」に乗ってた生田村のそば打ち体験の試食の表現です)


いやー、本当に美味しいと思いましたよ!

皆さんもやって見られてはいかがでしょうか?


今度の営業日までに、「美味しいそばの食べ方」として紹介しようかと考えています。


もちろん、このようになってくれば、そばを食べながら天婦羅を出汁に浸けるなんてことはダメなんでしょうね。

第一、出汁に油が浮いてしまいますから。

やはり塩もご用意しなければなりませんかね。


そばは本当に奥の深い食材です。

そばカフェ生田村のスタッフも現状に甘んじたことは一度もなく、自らは修行の身と思っています。

日夜修練を重ね、より美味しいそばの提供を目指します。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:未分類 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。