スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

女性向け情報誌の取材

120604卵かけ定食

朝から関西圏の女性向け情報誌「HANAKO」の取材がありました。

お問い合わせの時から一も二もなくお引き受けしました。

生田村にとってはとてもありがたいことなのです。


記事の取り扱いも結構大きなものになるのではないかと期待も膨らみます。

やはり注目は「卵かけご飯定食」(写真上)と「ヤギミルクプリン」でした。

この「卵かけ」の卵は配合飼料などは一切使わず、貝殻や青草なども多く与えて「平飼い」で飼育している鶏から生まれます。

卵は全て有精卵で、青い卵と赤い卵があります。


写真を見ていただいてもわかるように、黄身は「真黄色」で白身も含めて盛り上がっています。

卵は4個で500円(1個なら200円)で販売していますが、「お金はただでは取らない」(あるお客様)だけの値打ちのある卵です。

食べた方は感激されます。

上の定食で1150円、「卵かけご飯」単品なら350円で提供させていただいています。


もちろん貴重な卵ですから、必要な数を確保するにも一苦労です。

地元の菊水ファームさんに無理を言って営業日1日に最低10個の確保をお願いしています。

日によってはもう少し確保できる時もありますが、一日10食の限定販売です。


そばはもちろん生田の「挽きたて、打ちたて、湯がきたて」のそば、天婦羅は地元の野菜とチリメンのかきあげ(野原のヨモギも入っています)、お米は地元産の「きぬむすめ」を水車で精米、卵は菊花卵、お漬物もスタッフが漬けたもの、全てこだわりの逸品です。


お客様の期待は決して裏切らないと自信を持ってお出ししています。

どうぞご賞味ください。




120527いくみ

今日の取材、提供しているものの他に、ヤギさんと棚田の風景の撮影がありました。

やっぱり「いくみちゃん」は大人気ですね。

最近はちょっとふてぶてしくなってしまっていますが、今日もきちんとカメラにおさまってくれました。

今度の営業日には柵の中に入れなくてはならないかもしれません。


棚田の方は。。。

生田でもっとも標高の高い所にご案内しました。

明日も映画のワンシーンの撮影がある予定ですが、同じ場所にご案内しました。


これもやはり感激の風景だったようです。

棚田には水が張られ、かなり田植が進んでいました。

お越しいただいた方は女性だったために、道にいた地域の人が「道に迷っている」と判断して追いかけてきてくれました。

私が乗っていたので一安心。。。


でも、こんな親切心、ちょっとないと思います。

生田の人々の優しい側面を改めて見たようで、本当に嬉しく感じました。


遠くからお越しになる皆様は、生田の大切なお客様なのです。



関連記事
スポンサーサイト

Tag:未分類 

お問い合わせ

そばカフェ生田村

(生田地域活性協議会)

兵庫県淡路市生田畑152

Tel 0799-70-1478

旧生田保育所を表示してありますがこちらを改修し、お店をしています。

北淡ICから小さい看板を出しています。

土日祝日営業

朝11~夕3時

~5名以上でご予約承ります~

平日もご予約承りますのでお問い合わせください。

営業日は別室(多目的室)でのご用意となります。ご了承ください。

プロフィール

そばカフェ生田村

Author:そばカフェ生田村
2011年4月10日、五斗長(ごっさ)垣内遺跡のすぐ隣、淡路市生田に「そばカフェ生田村」が誕生しました。
淡路では珍しい蕎麦栽培も気候風土が合うのか、風味もよく、「そばカフェ生田村」では地域をあげて「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」のさらにおいしい蕎麦の提供を目指しています。
初夏には天然の源氏ホタルが乱舞する田尻川、自然いっぱいのほっとする空間、「生田村」にぜひお越しください。
2012年3月、生田村ではホタルの乱舞する田尻川に水車の復元をいたしました。

最新記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。